読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩して本読んでラーメンで幸せ

散歩したり本を読んだりしてラーメンを食べて幸せになった時のことを日記にしてます。

光麺 池袋本店 濃厚つけ麺全部のせ 

ラーメン

f:id:kumasi:20170328162057j:plain

光麺さんってご存知でしょうか? 池袋や新宿、原宿に恵比寿、それと高田馬場にもあるので食べたりお店の前を通ったこともあるかと思います。

まだ、僕が高校生だったころに、王様のブランチの特集でこのお店が紹介されていて芸能人たちがメチャクチャ美味しそうに食べていて僕お食べたいな!(^◇^)って衝動に突き動かされたお店です。

f:id:kumasi:20170328161906j:plain

奥行のある店内ですが、二階にも24席もあるお店のようですね。

一度も二階には上がったことがありませんが、誰かと食べに行く機会があれば一度は上の階も見てみたいものです。

以前食べたことがあるのは熟成光麺と言ってあらゆるトッピングが乗っている豪華でクリーミーなラーメンでとても美味しかった思い出があります。

しかも通し営業が基本スタイルなので食べやすいという魅力もありますね。

混雑している時間を回避してゆったり食べてるのも一つの魅力です。

f:id:kumasi:20170328162141j:plain

メニューも何気に豊富ですね! とんこつや醤油につけ麺に担々麺もありますね。

色々と目移りしちゃいますが、今回はつけ麺をいただくことにします。

もともとつけ麺の方が好きということもありますが、日記を書く上では麺とつけダレを別々に写メ取れるし、一緒のパターンと画像を必ず三枚使えるという魅力もあります。

f:id:kumasi:20170328161918j:plain

そして配膳されたつけ麺のお姿がこちら。

もちもちの麺の上に広げられた全部のせのトッピング達の存在感が賑やかで楽しそうな一杯です(/・ω・)/☆彡 二種類のチャーシューに半分に切られて食べやすい味玉と青ネギにメンマに海苔と彩のバランスが良い感じです。

以前はガーリックチップがあったように思えますが、個人的に無くても良いトッピングではありましたが何気に良くも悪くも一番記憶に残る奴だったのでちょっぴり寂しい気もしました(;^_^A

f:id:kumasi:20170328161935j:plain

こちらはつけダレですね。

パッと見すごく少なそうに映っていますが、それは写メを撮った一匹の雄の技量の低さということで、案外適量入っていますのでご安心を。

ごくまれに、本気でつけダレがちょびっとしか入っていないお店もありましたが、そういうお店は基本的にあまり日記に上げないですし、すでに閉店されていたりしますね。

光麺さんのつけダレは今では本当にオーソドックスなタイプの旨みの強い濃厚なタイプですね。

特に目新しさこそ感じませんが、食べるお店に悩んだり、間違いなく平均値と思しき一杯の美味しさかそれ以上を狙っている方には強くオススメの一杯でした。

個性で言ったら、熟成光麺の豚骨の方がここでしか食べられない独創性があるかと思いますね。

f:id:kumasi:20170328162013j:plain

普段利用する駅のの近くでも食べられるお店なので、今後もきっとお世話になると思います。

安定した美味しさに舌鼓が打てる深夜営業もこなす頼りがいに満ち溢れたお店なので、次は何を食べようか楽しみです。ごちそうさまでした( ^)o(^ )b

原価率100%のローストビーフサンドVSヤッキー

ラーメン以外

f:id:kumasi:20170326004951j:plain

ラーメンも素敵ですけど映画も良いですよね!(^ω^)b ちょっとラーメン日記の書き方が単調化してきたので、今回もちょっぴり別の内容を書かせていただきます。

先月、新宿のバルトナインにカナダの友人と二匹でレイトショーを二回ほど見に行ってきたのですが、映画の内容を文章化できる程の頭は無いので、映画を盛り上げるフードの記事となります♪ 

最近はポップコーンとコーラという定番から一歩踏み込んだホットドックやキャラメルポップコーンなど色々と館内のフードが充実していますが、どれも結構お高めですよね(;^_^A しかも持ち込みは禁止されていますし、必然と映画館のパンプアップされた価格でしか購入できないのがなんとも。

f:id:kumasi:20170326005003j:plain

はぁ…。また原価率が超低いものをお祭り価格でゲットかぁと、しょげていたら、なんと「原価率100%の贅沢サンド!!一日限定10食のローストビーフサンド様が!

一度足を運んだ時は売り切れていましたが、次に足を運んだ時は販売していたのでこれはチェイスザチャンス!(`・ω・´)b と注文開始です! カナダの友人もローストビーフ食べる手伝いはしてやる! との力強いお言葉も頂戴し臨戦態勢です。

f:id:kumasi:20170326005047j:plain

ちなみにドリンクは何にしようかな? と思っていたら、「キリトのフルーツコーク」600円なるものが! オレンジピールやチェリーが香るフルーティーコーラってどんな味なのか気になって仕方ありません! 普通のコーラなら自動販売機で500mlで160円で帰るので役4倍弱の価格のワケとは!? どれだけ美味しいのか楽しみでっす!

f:id:kumasi:20170326005202j:plain

そして店員さんからいただいたローストビーフサンドとキリとのフルーツコーク。

まずはコーラからいただいてみましょうかね。

とりあえず毒見に友人に一口飲ませたところ悶絶する甘さのようです(;^_^A 僕も一口飲んだ感想としては通常のコーラの4倍美味しい分けではないですが、倍近く甘く感じるすんごいコーラですね。 

シロップが底にたまっているのでストローを深く差した状態で飲むと最高の甘さを体感できるパンチ力のあるコーラと言えましょう。

そしてなんでこのような価格なのか冷静に分析すると、おそらくこれですね。

f:id:kumasi:20170326005024j:plain

購入者特典のAサイズのミニポスターボード(特典は終了しました。予めご了承ください)ですかね。 僕はソードアートオンラインを視聴したことがほとんどなく、単純にフルーツコーラの味に興味を魅かれた珍しいタイプだったかもしれません。

特典込なら600円の価値がありそうな一杯でした(;´▽`A``

f:id:kumasi:20170326005249j:plain

そして主役のローストビーフサンドのお姿がこちら! かなり厚めのローストビーフが5枚~6枚くらい入っていますね。

そしてトマトやカイワレという明るい彩とロゼ色のお肉がなんともゴージャスなたたずまいで、映画館で出会える逸品の枠を超えた感じがします。

 

で、お味の方は…。パンとトマトとソースがとっても美味しいです! 肝心のローストビーフは高級感は感じますが、パンと一緒に食べてもなかなか噛み切れないので美味しさの点ではありだと思いますが、サンドとしてはちょっとないかなぁ。と言った味わいです。

f:id:kumasi:20170326011923j:plain

あまりにも食べにくいのでローストビーフだけ分離して、友人に食べてもらうのに協力してもらいなんとか美味しくいただきましたが、原価率100%という点に対しては疑いは持ちませんでしたが、食べやすさと美味しさに関してはちょっぴり伸びしろを感じざるをえませんね('ω')

f:id:kumasi:20170326005327j:plain

ちなみい上映時間まで時間を調整するために寄ったマックの逸品である「ヤッキー」生姜焼きのタレをコンセプトにしたハンバーガーですね。

今までにない新しさをかんじました!

f:id:kumasi:20170326005417j:plain

そして、その秘められた力の源とは一体!? ぺらり。

レタスに生姜焼きのタレだけかぁ(´・ω・`) てっきり生姜焼きのお肉も入っていると期待していましたが、200円のハンバーガーにそこまで期待するのは酷でしたかね。

お味の方は普通に美味しいのですが、味付け的にはちょっぴりパンよりもご飯で食べてみたくなる味わいで、目新しさはバッチリ感じることができました。

f:id:kumasi:20170326012802j:plain

ポスターは秀逸でしたね! 「人類よ、これが生姜焼きバーガーだ」ってメチャクチャハードル上げまくって己を高めるスタイルなのでしょうか? 少々ポスター見て購入した僕としてはガッカリ感はありましたが、今回食べた逸品たちはどれもポスターの影響力で買ってしまったモノばかりでしたね(;^_^A まぁ、ポスターと実物との乖離がどれくらいあるのかな? という疑問に負けてしまいましたが、とても良い経験と好奇心が満たされたので素敵な一日でした。ごちそうさまです( ^)o(^ )b

ちなみに映画は面白かったです☆彡

怪奇!ウン面犬をあなたは知っていますか?

ラーメン以外

f:id:kumasi:20170325043545j:plain

今回は一匹の雄の守護獣とも言える「ウン面犬」(うんめんけん)のご紹介です。

 

あまりにも前衛的なデザインから一瞬でソウルドアウトしたのか、ペガサス彗星拳を彷彿とさせる刹那の時を駆け抜けたあの名犬であるウン面犬をどうしても日記に書きたくなることってありますよね?(あなたも持っていることを前提)

 

こいつを持つことで何が起こるのかと言えば願いが叶うかもしれないというマジックアイテムですね(^◇^)b

例えるならベルセルクという作品に出てくる「ベヘリット」が近いでしょうか? ベヘリットは通称覇王の卵と言われる資質のあるものにしか手に入らないアクセサリーでググるとかなり出てきます。

数奇な運命を辿るいわくつきのアイテムと双璧をなすと言われるウン面犬を僕は数年前に秋葉原のガチャガチャで7つくらい買ったのですが、今手元にあるのはこの一匹だけです。

f:id:kumasi:20170325043552j:plain

ウン面犬を守護する原宿の猛者「ほっぺちゃん」達もが霞むその存在感たるや…!(霞んでいるのはウン面犬だけ)

仲間が霞むことを良しとしない自己犠牲をナチュラルに発揮してしまうウン面犬さんを何度綺麗にとって差し上げようとしても必ず霞むのはメインであるウン面犬の兄貴であった。

ほっぺちゃんも良い兄貴分を持ったものです! この鋭い眼光は仲間を守るためなら俺が霞むぜ! と誇らしげな風格を感じさせますね(`・ω・´)b

f:id:kumasi:20170325043601j:plain

僕の愛用するジャグリングの玉の上を軽やかに乗りこなすウン面犬の兄貴! ゴリラさんも嫉妬せざる得ないカリスマをかまします!

 

で、本題はここからなのですが、このウン面犬の秘めたるぱぅわーなのですが、数年前に父親が毎週楽しみにしている競馬で数週間連続で負けが込み頭を抱えていました。

僕としては、なんとか力になりたいという思いでそっと所持していたウン面犬を父親の手の中に握りしめさせました。

僕は「これを持っていけばいい結果がでるから…(`・ω・´)b」と力強く父親を競馬場へ送り出し、その伝説的なウン面犬のぱぅわーを僕自身の目に焼き付けるために一緒に競馬場へ行きました。

 

結果! 1レースから8レースまで怒涛のノーヒット!! かすりもせぬ現実の前に、父親も「こんなキモイ犬もどきが!!」とゴミ箱にウン面犬をスラムダンクするという罰当たりな行動に出る始末。

そしてウン面犬を捨てた後のレースはそこそこ当たったという何とも味わい深い思い出をふと思い出したので日記にしてみました(^ω^)b

 

まぁ、ギャンブルで勝ちたいなら地道に胆力を磨くか予想の正解率を高めるためのリサーチなどの努力が必要という事ですね! 

ちなみにカナダの友人に一匹プレゼントしたのですが、その友人いわく「うんこは好きだけど犬は大嫌いだから首もいで良いか?」と聞かれ、僕は「首はもがないでもらった方があげた方としては嬉しいかな?」と聞かれたことに「?」つきの回答しかできませんでした(;^_^A

 

まぁ、もしかしたらあなたの家にも何匹かいるかもしれませんし、願いが叶ったようでしたら、教えてくださいね☆彡 次はラーメン食べて来ます!