散歩して本読んでラーメンで幸せ

散歩して本読んでラーメンで幸せ

散歩したり本を読んだりしてラーメンを食べて幸せになった時のことを日記にしてます。

麺屋福丸  特製鴨だし白湯ラーメン 笹塚

f:id:kumasi:20170627231907j:plain

鴨のお出汁のラーメン食べてきました。

以前、現地に足を運ぶことや現場の雰囲気を伝えることに関してお手本になるような記事を毎回書いている、じゃーなさんに今回の麺屋福丸さんを紹介していただき、ずっと食べたいなと思っていたお店です。

www.jarna.jp

たまにラーメン記事を書かれるじゃーなさんですが、たまに書くだけに紹介されているラーメン店に間違いが無いという美味しさかサービスか何かが確実にずば抜けたお店を紹介してくれるので、安心して食べに行けます(*´ω`*)

f:id:kumasi:20170627231926j:plain

ちょっと興奮しすぎて開店よりもずっと早く着いてしまったので、おしながきを眺めながらイメージトレーニングをします(* ̄(エ) ̄*)b 鴨だしという希少なジャンルで挑む福丸さんに対してワクワクします♪ 個人的にはつけ麺が好きですが、じゃーなさんがすでに美しいつけ麺(特製)をご賞味済みということもあり、今回は鴨だし白湯ラーメンをお願いしようと思い、開店一時間以上前についていたのでお散歩して過ごします。

f:id:kumasi:20170627231941j:plain

おしながきよりも、写真というわかりやすい看板もあったのでパシャリ。

鴨だし醤油ラーメンがすごく美味しそうですが、鴨の白湯ラーメンは銀座の有名店でしか食べたことが無いですし、希少性を感じてしまいます。

あと、どの一杯も盛り付けが美しそうで楽しみになりますね♪ 

麺屋福丸さんの前にもこのテナントには六川さんというチャーシューの美味しいお店が一生懸命営業されていましたが、このような看板やポップなど外観に力を入れていなかったのが惜しいなと今でも思いますが、福丸さんはすでに外観から勝負に打って出ていますね! 素敵です。

f:id:kumasi:20170627232013j:plain

お昼過ぎに下北沢まで散歩しからお店にお邪魔しましたが、とても繁盛している様子。

常連さんもいらっしゃるようで、新店舗とは思えぬ親しみやすさを感じますね^_^

店員さんは3名の体制で持ち場によって技量に差はあるのでしょうが、全員がまるで店主のようにお店を盛り上げ、丁寧な接客をしていて、待ち時間の段階で勉強になってしまうお店です。

一応卓上調味料もパシャリ。 清潔感とシンプルさを感じますね!

f:id:kumasi:20170627232023j:plain

そしてやってきた一杯ののお姿がこちら。 美味しそうです(^o^)b ネギの存在感が外の写真よりも主張が強いので爽やかさを感じますが、実は鴨チャーシューも隠れているので、パット見た盛り付けでは鴨の存在感が薄れてしまっているのは勿体ないかなと思いました。

 

基本的に僕は盛り付けを崩すが画像は絶対に載せないので、福丸さんの美味しい鴨肉が登場時に潜んでいることは勿体無いと受け取るべきかサプライズとポジティブに捉えるかはお店に足を運んだあなたの感性か、次にまた来た時は鴨肉が上に乗っかっているか楽しみではあります♪

f:id:kumasi:20170627232033j:plain

で、ラーメンのお味の方は…。 心地よいしょっぱさがあと引く洗練されたスープと舌触りと歯切れのよい麺という欠点を感じさせない上品なお味!Σ(´∀`;)

福丸さんで二度目の鴨白湯スープとの出会いですが、こちらのスープは野趣を感じさせる臭みを残さないで、品を感じさせる味わいの丁寧なスープのように感じました。

 

スープには甘みよりもしょっぱさに近い味わいではありますが、豚チャーシューが甘めの美味しい味付けなのでバランスの取り方が素敵です(* ̄(エ) ̄*)b 他にも鴨そぼろという珍しいトッピングも入っていて事前にこのそぼろが鴨だと言うことを知ってると知らないとではありがたみに差が出ますし、とても美味しかったので、今後機会があれば能書きもちょっぴり合った方が良いかなぁなんて思ったり。

 

正直、新店舗だからどんなアグレッシブな一杯が食べれるんだろうと思ってお邪魔したら、老舗のような丁寧な一杯と巡り会えてしまったのでちょっぴりギャップを感じましたが、美味しかったです♪

f:id:kumasi:20170627232048j:plain

僕がお邪魔した時はかなり混んでいましたが、僕以降だれも入ってこないという貧乏神っぷりを発揮しつつも、接客の明るさや丁寧さにはとても嬉しい気持ちになりました。

空(す)いている時は出口を開けるまで丁寧に接していただけたので、ちょっぴりお姫様気分でお店を去る一匹の雄(おす)でした。

次は特選鴨だし醤油ラーメンを食べたいなとまた一つ笹塚・幡ヶ谷近辺に良いお店ができてしまったなと引っ越したくなる衝動を感じつつ帰りました。

ごちそうさまでした☆

二代目醤油らーめん司 幸楽苑

f:id:kumasi:20170619223247j:plain

ふと気がついたら夏至が過ぎ去りし日になっていましたね(^_^;) つい先日までは心が潤う季節である春に散りゆく桜を眺めながら一面に広がる背脂のラーメンを連想したものですが、これからゆったりと日が短くなっていくのでしょうね。

まだ実感は湧きませんが…。まぁ、日が長かろうが短かろうが常に味に一貫性のあるチェーン店の一杯でも食べながら考える事をやめてしまう一匹の雄(おす)です。

 

それと、最近は個性的な一杯ばかり追い求めていた反動もあり、クラシックな一面もありつつも創業者への敬意から商品化されたという幸楽苑の珠玉の一杯である「二代目醤油らーめん司」をたべたいなぁとCMの影響でお店まで足を運びました。

結局、僕を動かしたのは季節感や雅な感性ではなく、大衆を扇動するCMで動いてしまうのがなんとも安っぽい行動原理なのがお恥ずかしいのですが、幸楽苑クオリティーの安心感にも信念を感じるので、これはこれで良しなのです(* ̄(エ) ̄*)b

f:id:kumasi:20170619223304j:plain

さてと、とりあえずメニュー表をパラリ。

結構前にも司ラーメン食べたことがありますが、今回は二代目のようですね。

全然調べていませんが、デュラム粉ブレンド麺(特許申請)の麺に変更した所がパッと思いつく変更点ですかね。以前の麺も特注の細麺で通常のらーめんよりも美味しく感じましたが、新開発した麺の強みはそれ以上かもしれません。

個人的にもこのデュラム粉ブレンド麺の完成度はスゴイと思いますし、いっそのこと全てメニューをこの麺に変えてしまっていただきたいとすら思うほどです。

 

他にはメニュー表にも書かれていますが、スープも醤油の風味をぐっと高めたコク旨と書かれているように通常のらーめんよりも個人店並みのこだわりの深きスープでございます。

f:id:kumasi:20170619223314j:plain

卓上調味料も一応パシャリ。餃子をセット注文するあなたのために一通り揃えておきました!(`・ω・´)ゞ という意思を感じてしまうラインナップ達。

それと、モバ麺倶楽部に入ると特典もありますから、デジタルネイティブと呼ばれるオーラを放つあなたはもちろん加入していますよね?(´(ェ)`)b 僕は加入していませんが。

f:id:kumasi:20170619223324j:plain

そして説明無用の焼き餃子が到着。

うまいっす!(^o^) 毎回画像マシマシにしたいので欠かさず写メに取っておりますが、きつね色の焼き色が美しく、よほどのことが無い限り焦げ付いた餃子が来ないことも幸楽苑の特徴と言えましょう。

f:id:kumasi:20170619223336j:plain

ついにやってきた二代目醤油らーめん司のお姿がこちら♪ 器にはナルトのようなデザインの雷文とスープに鎮座する実体のナルトというトッピング一つでノスタルジーな印象を受けますね。

そしてノリやチャーシューと青ネギというトッピングや盛り付け自体には最近のラーメン屋さんのトッピングに比べると派手さは無いけど、無駄を削いでいながらも貫禄を秘めたお姿には創業者の名を冠しただけはあるなと感じます。

 

で、らーめんのお味は…。かなり味の強さの源である魚介の風味の強い味わいの逸品。

煮干しや飛魚などのお魚さんから取った出汁の印象が強くて鶏ガラの印象が普通の醤油らーめんよりも感じにくくなっているので、オーソドックスなスタイルかと思いきや、けっこう好き嫌いが別れてしまう攻めの逸品のようにも思えました。

僕の父親は煮干し系や魚の出汁の主張が苦手なのでこの一杯を一口で、普通の一杯の方が良いかな(^_^;)という反応でしたが、その反面、お魚系の出汁を重視した味わいが好きだという言うあなたには強くオススメしてみたい一杯でもあります!

f:id:kumasi:20170619223351j:plain

更にドアップの一枚もパシャリ。

長期熟成した醤油も味に強さと若干のトゲがあるため、一口目の美味しさは幸楽苑さんのメニューの中でも屈指の実力ですが、食べ進めた後半になると少し美味しさに慣れてしまいしょっぱさの方が気になってしまうかなぁというのが僕の個人的な感想です。

豚骨や野菜などもこのスープには入っているらしいのですが、お魚さんの勢力と醤油の力が勝りすぎているので、好みに合う人がこの一杯と巡り会えたなら、チェーン店離れした一杯いとの出会いに乾杯という素敵な一日の予感がする一杯でした。

こちらの一杯よりも値は張りますが、

kumasi.hatenablog.com

味噌野菜らーめんのずば抜けた美味しさには及ばないかなとも思ってしまいました。

とにかく野菜を美味しく食べられる一杯には年配の方や女性受けも良いですが、二代目醤油ラーメン司さんも野菜などのトッピングが可能であれば味わいの強さも野菜の水分から出る優しい旨味でより美味しくなりそうだなと思いつつも、優秀な開発陣がそれを許していないということは二代目醤油らーめん司の完成度はプロが見ても高水準なんだろうなと一日思いにふけました。

たまに食べてみたくなる一杯です♪ ごちそうさまでした☆

カレーとラーメンの決着 しゅういち 恵比寿店 特製カレーつけ麺 

f:id:kumasi:20170623062957j:plain

春先から僕のパソコンの老師であるでーさんのお力添えでTwitterをちょこちょこいじるようになったけれど、文明の利器に触れたばかりの警戒心むき出しの一匹の雄(おす)です(´(ェ)`) 

そんななか毎日ネットストーキングスキルを上げるためにもフォローしている人のつぶやきをつぶさに観察していると、春先にラーメンオフ会でリーダーを努めたキュウの兄貴がラーメン食べようかカレー食べようか悩んでいるとのこと!

僕は普段Twitterには良いねボタンしか押しませんが、その時ばかりは脊髄反射的に「ラーメン…でしょうなぁ」と達観した中学生のようなコメを差し上げたら、すでにカレーを食べ終えていたということがありやした。

 

そこで思いましたが、ラーメンとカレーとの迷った時どちらを取るべきなのかと。

僕の個人的な好みはカレー寄りですが、一応ラーメン日記っぽいスタンスなので他人にはラーメンを押し付けるようにしております!(最低)

そんな最低な一匹の雄の瞳に写った看板がこちら!

f:id:kumasi:20170623063009j:plain

カレーつけ麺という選択肢。

カレーとラーメンで悩んでいた僕の眼前に「ラーメンよりもつけ麺が好きなんだろ?そしてカレーも好きなんだろ?」と心を見抜いたかのような提案に、この日は煮干しラーメンたべたいなって日にも関わらずお店に吸い寄せられていきました。

f:id:kumasi:20170623063025j:plain

店内はちょっと地下のようですが、段差は少なく外の空気が近いため地下のお店独特の閉塞感が無い割とオープンな場所です♪ そして奥行きがあり店員さんも穏やかで居心地が良さそうです(*´ω`*)

ただ、ラーメン店にしては珍しく指定された時間以外は喫煙が可能なので、この点が魅力となるか欠点となるかは人によりますかね。

僕はタバコが苦手なので嬉しくはないですが、喫煙者の友人や知人が多いのでその人達を誘う時はこのお店は重宝できそうです。

f:id:kumasi:20170623063059j:plain

そしてやってきたのがこちら! 中太縮れ麺とマグマの如くふっとうしたつけダレの登場に猫舌の一匹の雄の産毛が逆立ちただでさえ濃い目のヒゲが口周りをガードするために急速に伸び始めた瞬間でもありました!

率直な感想は「この店できる!」と思いましたね。

猫舌とか言いつつもこういうインパクトのあるお客さんに警戒心とワクワクを与えてくれるスタイル嫌いじゃないです(* ̄(エ) ̄*)b むしろ好きです♪

f:id:kumasi:20170623063044j:plain

ふっとうしているつけダレの中に浮かぶ白い布のようなモノは実はワンタンなのです♪

これがまた美味しいので特製にして良かったと思えるポイント。

 

で、ラーメンのお味は…。とにかく美味しいつけダレ! と思えた逸品です。

麺もモチっとしつつも縮れていてそのままでも美味しいですが、つけダレに浸すと思いの外粘度がサラッサラのスープカレーのようなスープに浸して食べると想像以上の美味しさに頬が緩みます。

想定外だった点はカレーといえばある程度の粘度とコクと旨味ですが、普通のスープをちょっぴり濃くした程度の粘度で味わいは甘さが先行して8馬身離れて辛さがやってくるタイプで多分辛いの苦手な人や小学生の繊細な舌でも十分に楽しめる美味しさだと思いました。

ただ、このつけダレ間違いなくご飯とも合う! そしてこんな美味しいルーを提供してくれるお店には足繁く通うことになりそうだと脂汗が出るほど警戒すべきお味。

f:id:kumasi:20170623063053j:plain

でも、今回は麺で楽しみます(^o^)b でも、麺で味わうのであればもう少しだけつけダレに粘度が欲しいかなぁとも思う気持ちはありますが、今度はラーメンでも食べに来てみたいなっていう楽しみもありますね。

f:id:kumasi:20170623063139j:plain

そして洗い物の手間を惜しまぬトッピングが別皿で提供というスタイルは最早ハードボイルドの域。

カレーという言葉に反応して特製に更なるチーズまでトッピングしてしまうダイエット希望の一匹の雄の明日を占う意味でも、(イミフ)これらの具材の味わい戦闘力を図らせて頂きます!

チャーシューは目の前で炙ってから提供してくれるので提供までが待ち遠しいスタイルでしたが、肝心のお味は…。した味が丁寧なお肉の質以上に手間が美味しさの秘訣であろうという香ばしくも甘みのあるタイプで、これもご飯に合ってしまうと思います!

ノリはつけダレがサラサラなので相性がすごく良いです。ドロドロだとノリがスープに沈まなくて麺と一緒に食べづらいので(^_^;) 

あとはほうれん草もカレーと合いますし、味玉の味付けもかなり濃い目でご飯に…!

チーズもカレーの美しさを更に引き立てるお化粧の如く風味を増してさらなる美味しさの境地でお口に運ばれてきます。

f:id:kumasi:20170623063159j:plain

食べる前からかなり期待値を上げて頼まれてもいないのに乗り込んできた一匹の雄の心をわしづかみにしたニクイお店! 

あまりの美味しさに容器をカウンターに乗せて、テーブルをタオルで気づかれないようにささっと綺麗にフキフキして退店しようとした時にお店の方に「ごていねいにありがとうございます^^」とお声かけいただきちょっぴり恐縮しながら撤退いたしました。

いつもテーブルはフキフキしてさり気なく出ますけど、そのことについても一言声かけてくれるって嬉しいなと思いつつカレーつけ麺堪能させていただきました。

ごちそうさまでした☆