散歩して本読んでラーメンで幸せ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩して本読んでラーメンで幸せ

散歩したり本を読んだりしてラーメンを食べて幸せになった時のことを日記にしてます。

饗 くろ㐂 秋刀魚つけそば 浅草橋

f:id:kumasi:20160419051555j:plain

ラーメン屋さんの中でもとっても有名店ですが、お店の名前が漢字検定上級レベルではないかしら!? と身構えます。読み方は「もてなし」くろ「き」さんです。

このお店はレギュラーメニューもすごく美味しいのに限定メニューを頻繁に食べさせてくれるお店です。並びも凄いですけど、旬の素材にこだわったラーメンを食べさせてくれるお店なので大好きです。ちなみにこのメニューは去年の10月中旬に食べました。

 

見た目は彩りを大切にした食べるのがちょっぴり勿体ないほどセンスを感じさせる盛り付け。つけダレは…少ない。と初めは正直思いました。

普段僕はスープに比重を置いた書き方しかできないので、スープが少ないのは切ないです。

とりあえずレンゲに乗っている空豆の若芽のお浸しと柿の上にゴマダレがかかっているものをパクリ…。信じられないほど柿が甘くて美味しい!あとお浸しもさっぱりしていて素敵! 青ネギの歯触りも素敵! エリンギのアンチョビ風味もキノコ大好きな僕にとっては堪らない美味しさ。秋刀魚と白葱の揚げ浸しはこの肉厚でいてシャキシャキしてトッピングだけで幸せになりました。麺もつけダレいらないかも…。(錯乱)

麺は北海道の「はるゆたか」と香川県の「さぬきの夢」で打たれたもの。つけダレにつけずに一口。子供舌でも分かってしまう小麦粉の風味とコシ。のど越し。無類の美味しさです。つけダレいらないかも…。

一応つけダレにも浸して食べてみましたが、秋刀魚の美味しさを濃縮させたような味わいに魚特有の生臭さを極力抑えられたもので少し浸すだけで、とてつもなく美味しかったです。初めはつけダレが少なくて残念に思っていましたが麺が無くなる頃にはつけダレがかなり余ってました。少ないとか言って申し訳ありませんでした。

普段はスープ割りを頼まないのですが、この日は割っていただき、美味しく完食です。

 

ラーメンやつけ麺は色々な素材を合わせた総合的な料理だと思いますが、こちらのお店は麺やタレ、具材の一つ一つがまとめて食べることを拒んでしまいたくなる美味しさで、個々の素材を味わえる稀有なお店だと思いました('ω')

並ぶのは嫌ですけど、美味しい物はたべたいのでまたおじゃまします。ごちそうさまでした( ^)o(^ )