散歩して本読んでラーメンで幸せ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩して本読んでラーメンで幸せ

散歩したり本を読んだりしてラーメンを食べて幸せになった時のことを日記にしてます。

金色不如帰 覇 中華そば(鶏出汁醤油)15食限定 幡ヶ谷 一汁三にぼし 裏不如帰

f:id:kumasi:20160524201044j:plain

いつ寄っても必ず行列ができるラーメン屋さん(*'ω'*) ただ、並ぶ価値のある美味しいラーメンを必ず食べさせてくれるお店なのでこの日も本を読みながら行列に加わってまいりました。

まぁ、食べたのは去年ですけど、先日行ったときの行列はさらにうねりを加えたようなちょっぴり長めの行列なので、他のお店で食べちゃったので備忘録的な日記を書かせていただきます。

立地条件としては僕の知る限りのお店の中でもあまり良い場所ではないと思うのですが、金色不如帰の店主の方は日本一のラーメン屋さんを目指しているだけあって、作ってくれる一杯が素晴らしく、このお店のファンの方はこぞって裏道へと吸い込まれてしまうのです。

ちなみに金色不如帰  は毎週金曜日のみのセカンドブランド? 木曜日のみの「一汁三にぼし 裏不如帰」というサードブランドもあるのでちょっと営業日が混乱しそうです(^-^; 個人的にはハマグリの出汁が一番好きなので普通営業日が大好きですけど、覇の営業日は牛の出汁で作られた味噌が主役の日です。

僕が注文したのはそんな味噌メインの日ながら、限定15食の中華そば(鶏出汁醤油)にしました。限定って言葉に本当に弱いです。味噌だって週に一度の限定なのですが、中華そばは限定日の中の限定メニューですからね♪

 

で、ラーメンの味は…。食べたことある味ながら、今まで食べたことのある「中華そば」というジャンルの中で一番美味しかったです!

特に目新しい味付けでもないですし、全く奇を衒ったコンセプトではなく本当にまっすぐな中華そばです。

トッピングは豚レアチャーシューに厚めのメンマ。アサツキとネギとシンプルな美しさを表現されています。

ただ、具材となっている鶏は山口県唯一の地鶏長州黒かしわなどの希少な鶏だけで仕上げたスープで、鶏清湯とも表現されていました。

鶏が主役のラーメンでこの逸品を超える美味しさには僕の短い食べ歩き経験の中にはありません。

総合的な材料の組み合わせならこの一杯に匹敵するラーメンも数は少ないですけどあります…。

でも「鶏」と「中華そば」というフレーズから期待する一杯では最高峰の美味しさです♪ 

さっぱりした醤油味を好む方や凄まじい余韻に浸れる中華そばが食べたい! って人にはとてもおすすめしたいラーメンでした。

とにかく鶏の厚みのある美味しさを味わえました( ^)o(^ )

今は「覇」の営業をしているかわかりませんが、次行ったときにもこの営業形態だったら、味噌も食べてみたいです☆彡