読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩して本読んでラーメンで幸せ

散歩したり本を読んだりしてラーメンを食べて幸せになった時のことを日記にしてます。

薬膳ドラゴン ビーガンプリンと薬膳餃子 亀戸

f:id:kumasi:20160827100652j:plain

前回のあらすじ。ちょっぴり太ったかな?と呟くと、父親が「そろそろ出荷の時期かな?」と傷つく一言を放ったため、一匹の雄は亀戸の地で薬膳ラーメン食べても帰らずにビーガンプリンに希望の光を見出すのであった…。(謎の自分語り)

 

プリンでございます! しかもビーガンプリンでございます。

プリンと言えば食べ物界のアイドル的ポジションをオールウェイズどやフェイスを浮かべ、甘味道をキャットウォークで練り歩く益荒男のような一品ですよね。

 

しかも、今回相対したのはスウィーツなお店ではなく、漢方ラーメンのお店でした。

一体どんな味なんだろう(;´▽`A`` 一度は杏仁ジェラートというレギュラーメニューを注文してしまいましたが、この日は当日限定の看板にこの「ビーガンプリン」の名があったので、店主さんにお願いしてプリンに変更していただきました。

 

で、お味の方は…。一口スプーンで食べると、いつもの知っているプリンの食感と違い、「?」となりますが、味に関してはとても美味しいです。

ビーガンなので乳製品はもちろん卵まで入っていないので絹のような食感はありませんが、味わいは通常のプリンよりも深みがあり、洋というより和の味わいを感じる逸品に思えます。

 

昨今はアレルギーを抱えている人も多く、乳製品を食べることのできない人にとってはプリンという魅力のある食べ物を味わえるのはとてもありがたいと思います。

カラメルソースは黒蜜のような上品さを感じました。

ソースの量も多く、ミントの葉の清涼感など、一つの容器に色々なアイデアや和洋折衷な楽しさを感じることができるデザートでした( ^)o(^ )b

 

あと、お店のビーガンプリンの写真よりも明らかに実物の方が特製ソースが掛かっていて美味しそうなお姿で登場したのも嬉しいですね。

次いでは。

f:id:kumasi:20160827104259j:plain

薬膳餃子です。 こちらは皮が分厚いタイプでした。

本場の中国では皮を食べるのが餃子で、具を食べるのは焼売なんだとカナダの友人に教えてもらったことがあるので、ドラゴンさんの餃子は何気に本場中国スタイルですね。

 

出来立てを提供してくれるので、口に入れると驚くほどの熱き肉汁が暴れん坊のように口に入ってきます。

美味しいけど、熱い! でも、ちょっぴり冷めても美味しいです♪ 普通の餃子に比べて遜色のない美味しさながらこちらも薬膳料理となっているようです。

 

薬膳料理はちょっとお値段高めな印象でしたが、ドラゴンさんはラーメンだけでも普通のお店と同じ価格帯でしたし、餃子やプリンも調子に乗って頼めば少し高めにつきますが、それでも2000円しなかったので、味や健康だけでなく、一冊の本を読んだような良い経験もできたので寄って良かったです(*'ω'*)b

 

また食べてみたくなる癖のあるお店でした。ごちそうさまです☆彡