読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩して本読んでラーメンで幸せ

散歩したり本を読んだりしてラーメンを食べて幸せになった時のことを日記にしてます。

九代目けいすけ 鴨白湯そば極 東銀座

ラーメン

 

f:id:kumasi:20160908212605j:plain

ついに銀座に来てしまったとです(;^_^A

 

銀座なんて秘書検定の面接対策時にスクールに通った時以来ほとんど来ることがなかったですけど、ちょっぴりハイソサイエティな雰囲気のある街並みですよね。

 

僕はどちらかというとハイソな部分が欠落したイエティな雰囲気ですから、まぁこの街を歩くに相応しいキャラ設定だと認識しております(*'ω'*)b

 

でも、この街も少し歩けば築地や東京。皇居など都心の見て回りたい場所が集中しているので実は散歩コースとしては最高です。

話題が増えますし、東京って思いのほか狭いな…。なんて思えちゃいますからね。

 

で、ラーメンのお味の方は…。結構獣臭さの残る濃厚かつ個性的な一杯。

まず最初に器が豪華ですね(;^_^A そして今や鴨をメインの食材とした一杯も珍しくありませんが、鴨の白湯は聞いた事も食べたことも無かったので注文してみましたが、思いのほかワイルドな味わいです。

 

今まで食べたことのある鴨のスープはどちらかというと日本蕎麦のお汁のような醤油の甘味とラーメンのスープのような軽やかさを兼ね備えたような味わいでしたが、九代目けいすけさんの鴨白湯は獣臭さと濃厚な旨みを全面に出した類の無いタイプです。

 

ちなみにお値段は1380円と結構お高めですが、トッピングの方も非常に珍しいものばかりです。

まずは昆布〆卵黄。味付き煮玉子と違って卵黄だけですし、お箸で摘まめる堅さでで提供されます。

味はねっとりとしていて昆布の旨みも加わっています。

 

ただ、この味付き卵黄と言うのでしょうか、味わいが深いですし、普通の味付け玉子よりも小さいので大切に味わいたく思ったので、鴨白湯よりも芳醇鴨そばのようなこってりしていないスープの方が相性よさそうです。

 

他にも、ごぼう天や鴨団子。半熟鴨チャーシューなど僕の近所のラーメン屋さんに入っているものが見当たらない!?(゚Д゚;)

と近所に100円ショップしか通わないオッサンが銀座の高級雑貨店に間違って入っちゃった感に近しいものがありました。

f:id:kumasi:20160908212627j:plain

そして、鴨の栄養素という能書き。こういう読み物大好きなので出来上がるまでの時間も結構楽しかったです(^^♪

発育ビタミンや美容のビタミンなどが含まれているんですね。

また…美しくなってしまうのか…。などと勘違いしたオッサンがラーメンを出来上がるまで夢を見ることが出来る能書きとなっております。

 

他にも生活習慣病の予防やダイエットにもおすすめってちょいと無理があるような一杯でしたけど、あくまでも鴨そばのコピーですし、こんなベネフィットがあるのねというような見方をしてました。

f:id:kumasi:20160908212651j:plain

以前から気になっていたお店だったので通えてよかったです(*^_^*)

けいすけさんはチェーン店だけど、一店舗ずつ全く違う個性を出したお店なのでいつかは全店舗食べ歩いてみたいです。ごちそうさまでした☆彡