散歩して本読んでラーメンで幸せ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩して本読んでラーメンで幸せ

散歩したり本を読んだりしてラーメンを食べて幸せになった時のことを日記にしてます。

UMA TSUKEMEN (ユーエムエー ツケメン) プレミアムMEGAチャーシューボンゴレトマトつけめん 西武立川駅

f:id:kumasi:20160929040510j:plain

西武立川駅でございます。

意外と立川駅から離れてますね(^-^; 今回は地球上でここでしか食べることができないと言われるつけ麺を食べにはるばる西武立川まで行ってみました。

 

何気に今まで書いた日記の中で一番記事のタイトルが長くなってしまい、読みづらくて申し訳ないです。

 

西武立川は以前僕の伯母さんが住んでいたこともあって僕の住みかからとっても遠いけどちょっぴり親しみのある街であり、その点について語らせていただくとラーメンの内容が薄くなるので、さっそくつけ麺のご紹介を☆彡

f:id:kumasi:20160929042700j:plain

こんな感じのちょいと小洒落た外観が良い味をだしていますね。

で、ラーメンのお味は…。おおぅ。パイが来たでござる(゚Д゚;) しかもチャーシューが入っていると思われるお皿には銀色のホイール焼きのようなミステリアスな出で立ちで登場し、正直味よりも好奇心をそそるお姿です。

 

今まではお店の最高の盛りつけを崩した写真は一度も撮ったこと無かったのですが、今回ばかりはパイを手でちぎって、銀色のホイールを広げた状態でパシャリ。

 

美味しそう♪(^◇^) ちなみに今回は遠出までしたので、このお店で一番高いメニューを注文しなくちゃ気が済まない! という浅はかな理由で「プレミアムMEGAチャーシューボンゴレトマトつけ麺」をチョイス! お値段1540円でございます。

f:id:kumasi:20160929040734j:plain

味の方はパイ生地が美味しく、麺は普通です。

店主のおじさんにパイをつけ汁に落とさないように気を付けて食べてくださいとアドバイスを受けました。

パイにもちゃんと味が付いているのでパイそのものを味わってもらいたいのでしょうね。

f:id:kumasi:20160929043638j:plain

この熱々のパイ生地を手でちょっぴりづつちぎって味わい、その中身がこちら。

f:id:kumasi:20160929043756j:plain

デデン! トマト風味でボンゴレなのであさりが結構入っているのです(*'ω'*)b

若干苦みもありましたが、旨みもあってつけ麺として食べても美味しいです。

そしてパイ生地とは別皿で提供されるMEGAチャーシューはこちら。

f:id:kumasi:20160929044011j:plain

レストランでたまに見かける包み焼ハンバーグのようなワクワクオーラをまとっての登場に福袋を開ける時と似たドキドキ感がこれまた楽しいです。

中身の方は…。

f:id:kumasi:20160929044152j:plain

このようにお肉と煮卵にチーズと玉ねぎが入った、他のお店ではお目にかかることの無いようなスタイルのトッピングになっております('ω')ノ☆彡

 

全体的に味よりも好奇心や食べるまでの楽しさの方に非常を感じる逸品ですが、他店で食べることのできるラーメンよりも手間がかかるだろうし、パイを焼くための設備も独自に用意したり、器もこの一杯のためだけのものになるなぁと食べながら思いました。

 

美術品で例えるなら、絵で勝負する画家がほとんどの世界で、このお店は額縁に対するこだわりが強く、飽和状態のラーメン業界を生き抜くための知恵を振り絞った創意工夫に特化したすごいお店だなと非常に勉強になるお店でした!

f:id:kumasi:20160929041824j:plain

やはり、パイやホイール焼きのトッピングである「MEGA」系は料金が高いのですが、遠出までしてこのお店に来たら、一応すべてのトッピングは見てみたくなっちゃいますね(;^_^A 美味しいラーメン代というよりも独創性を学べる体験に対する価値も含めればお値打ちの逸品かなとも思える一匹の雄でした。

ごちそうさまでした。