読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩して本読んでラーメンで幸せ

散歩したり本を読んだりしてラーメンを食べて幸せになった時のことを日記にしてます。

かぐら屋 特製濃熟鶏そば 水道橋

f:id:kumasi:20170204031001j:plain

 すでに時は三月を迎えていますが、今年は酉年という事もあり、僕が今年最初に食べたラーメンをご紹介させていただきます(*'ω'*)b 食べたのは1月7日で、今年は新年からハードコアな寒気と筋肉痛や鼻水に悩まされ、ラーメンを食べたいという欲から望まぬ形で解放されてしましましたが、食欲が多少でも戻れば食べたいなと思う一匹の雄(おす)でした。

f:id:kumasi:20170204031020j:plain

なぜ、年始からすぐに水道橋にある「かぐら屋」さんへお邪魔したのかと言えば、美味しいからというのもありますが、この日は東京ドームで『ふるさと祭り東京』が開催されていたので、行ってみたのですが体調も本調子ではなかったし、優しい味わいのラーメンが食べたいと思いお邪魔しました。

f:id:kumasi:20170204031024j:plain

店内は奥行がある作りで、落ち着いた内装は居心地が良いですね。

注文を済ませたら、早速僕の大好物であるお店の能書きを読んで着丼を待ちます(^^♪

水や麺・米などのこだわりが書かれていて、これから何が提供されるのか、そしてその過程を想像する時間も食べ歩きの楽しみの一つです。

f:id:kumasi:20170204031115j:plain

そしてやってきた一杯はこちら。

綺麗な器に丁寧な盛りつけという視覚から来る美味しさが真っ先に伝わります。

 

で、ラーメンのお味の方は…。

スープが優しい味わいです(*'ω'*)b 優しいという表現も抽象的過ぎて何も語らない感想になってしまい恐縮ですので、具体的に言うなら、とろみがありながらも薄味なスープに味付けも控えめでいて、素材の味を生かした無駄な手をかけない美味しさです。

こういうのを女性が好きな味と言われるものかなと僕は思っています。

なぜならこの手の味わいは薄味好きの僕の父親は嫌いですが、僕の従妹はこのお店の味が大好きなので、そんな印象を個人的に受けてます。

 

具材にある鶏のつくねも素朴な味わいながら、生姜の香りと大葉の爽やかな香りが楽しめますし、鶏チャーシューも皮の焼目の香ばしさとジューシーな鶏肉が良い感じです。

近所にあれば間違いなく贔屓したくなる素敵なお店です(^◇^)b

ただ、電車賃をかけてここまで来るとなると

個人的には麺屋33さんの鶏エスプレッソの方が好みなので、ついつい足が…(;^_^A

なので、同じ濃厚でもシチューのような旨みとクリーミーでいて旨甘い系の極致である麺屋33さんは子供舌でボリューム系な子供心と斬新さを愛するあなた向け。

今回ご紹介した『かぐら屋』さんは繊細な美味しさが魅力なので、舌に自信のある違いの分かる方や女性のような感性をもつあなたにおすすめしたいですね(*'ω'*)n

f:id:kumasi:20170204031132j:plain

通し営業で頑張ってくれる素敵なお店ながら、たまにスープ切れもあるので、ご注意を! 学生街ということもありますし、混雑には波がありますけれど、もしも空いて入ればぜひオススメしたいお店です。 ごちそうさまでした( ^)o(^ )b