読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩して本読んでラーメンで幸せ

散歩したり本を読んだりしてラーメンを食べて幸せになった時のことを日記にしてます。

ブログを書いてて良かったと思える一日

f:id:kumasi:20170420115443j:plain

ふと、ブログを書いていて良かったことを想いだす一匹の雄(おす)です。

嬉しいなと思うのは、僕が読むのを楽しみにしている書き手の方にも僕の日記を読んでもらえたり、仏心があるブロガーさんからは反応をいただけたりするのがとてもありがたいと思います。

 

基本的に僕は書くことよりも読むことがメインでしたが、自分でも日記を書くことで、僕がファンになった人とも交流が出来る機会をもらえるとは書くことも続けていて本当に良かったと思える出来事です。

 

先週の金曜日に、いつもブログでお世話になっているでーさんと一緒にお洒落な街である原宿へご飯食べに行きました。f:id:kumasi:20170420115140j:plain

僕は人混みは大好きですが、お洒落な街やお酒をメインに楽しむお店に対する苦手意識が高いので、でーさんに誘って頂く機会がなければ、こんな素敵なお店に無かったです。

最初はラーメンでも一緒にと思っていましたが、ラーメン屋さんだと基本的にお話も出来ませんし、お店に長居するのは回転率が稼ぎに直結するお店では申し訳ないので、あらかじめお店を調べてもらっていたのでとても助かっちゃいました。

 

僕が率先してお店をみつくろったら、喫茶店が無難かなと思いますが、喫茶店だとお互い堅いままお話して、ぎこちない時間を過ごしていたんだろうなと思います。

お酒が飲めない下戸だからと、自分の狭い選択肢でお店を選ぶことしか出来ない僕としたら、たった一日でもでーさんが僕のために下調べして案内してくれたお店での経験は凄い学びになりました(`・ω・´)

f:id:kumasi:20170420115428j:plainお蕎麦を強みとした和風なお店はタッチパネル式のオーダーで、普段僕が通っているラーメン屋さんには無いタイプで、この時点でお店の経営スタイルの幅に震えます。

僕はアルコールも苦手ですが、子供舌なのでビールも嫌いという誇り高き現代っ子(おっさんですが)なのでここはソフトドリンクを♪ と思ったら、このお店はビールはメチャクチャ安いのにソフトドリンクはビールの1.6~1.7倍のお値段!(゚Д゚;)

基本的にアルコール系が総じてお安いのです! ここはでーさんに子供舌でも美味しく飲めるものを聞いたところ、「モヒートがオススメ(^ω^)b」と明るい笑顔で仰るのでいただくことに。

f:id:kumasi:20170420115254j:plain

それがこちら! 右のビールはでーさんので、左のシルバーなコップにレモンとミントが添えられているお洒落なのが僕のモヒートさん。

 

で、モヒートさんのお味は…。とっても爽やかな香りとほのかな甘みと抑えられた苦みが心地よいのど越しで、お酒ってこんな美味しいものもあるんだな…! とちょっぴり苦手意識が薄れてしまうほどの一杯。

 

一杯目は恐る恐る飲んでましたが、でーさんとは同年代ということもあり当時流行ったゲームや競走馬の名前や実績にジョッキーの精神的疲労に関して語り合ったり、数字や参考資料を基にした競馬というギャンブルを一種の未来予想として楽しむ考え方は聴いていて凄くワクワクしました。

僕には博才がないけれど、でーさんからは博才が最初からあるというよりも、しっかりと磨けばこんなに豊かな考え方ができるのかと学ばせてもらうことができました。

 

でーさんと会うのは二度目ですが、一度目は下ネタで意気投合し、二度目は趣味を軸とした思考法など一匹の雄(おす)の濁った瞳に輝きが戻るほど面白い話を聞かせてもらい、気が付いたらモヒートを4杯も飲んでいました(;^_^A

お酒が飲めなくても、めちゃくちゃ面白い話を聞かせてくれる人を前にすると知らぬ間にグビグビイケてしまうことや、これがお酒を美味しく飲むコツなんだなと正直ウッキウキでした(*´ω`)b

f:id:kumasi:20170420115338j:plain

サメの軟骨の逸品ですが、あまり味は覚えてません(;^_^A 聞かせてもらえた話の内容は覚えているんですけど、この日はお酒を楽しんでいる自分自身が嬉しくて仕方な買ったです♪ 

 

後半にはでーさんの相方さんである肉まんさんも紹介していただき、初対面の方と会うのが滅法苦手な僕でもとても接しやすい穏やか人で、でーさんと全く違った魅力のある人でした。

酒の場ということもあり、良い気になって披露してしまった僕の雑な手品に対して大らかな反応をしてくださり、なんだか小学生の頃に自分の特技を褒めてくれた学童クラブの先生を思い出してしまい、この場から離れたくなくなっている自分に気づいた頃には終電ギリギリの時間でお開きとなりました。

でーさんをラーメンに例えるなら家系な漢気の一杯ですが、肉まんさんをラーメンに例えるなら松葉さんのようでした。

f:id:kumasi:20170421033250j:plain

松葉さんはトキワ荘という有名な漫画家さん達の愛したお店で、藤子不二雄先生のキャラ小池さんの大好物のラーメンを提供してくれたお店です。

一言で言うなら、色々な人から愛される雰囲気のある方がでーさんの相方さんでした(*^-^*)

一週間前の事でしたが、マイポンポンがふっくらするほどラーメン日記を書いていたご褒美をいただけたような一日でした。

でーさんありがとうございます☆彡 また一緒にラーメン食べたりお酒飲みたいです♪

d3dayo.hateblo.jp

ちなみに僕は二日酔いにはならなかったけど、笑いすぎて次の日は表情筋が酷い筋肉痛になって二日くらい顔が重かったです(;´▽`A`` お酒は頬も緩ませますよね。