読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩して本読んでラーメンで幸せ

散歩したり本を読んだりしてラーメンを食べて幸せになった時のことを日記にしてます。

麺者 服部 まるごとトマトと果実添えグリーンペッパーラープのジュレじゅーしー 水道橋と神保町の間

f:id:kumasi:20160814093153j:plain

一品の料理としての文字数は今まで食べたラーメンの中でも一番長いかもです(^-^;

麺者服部さんはやたら「じゅーしー」という言葉が大好きだなぁと思います。

しかし、その感性は好きですけどね(*'ω'*)b

 

それに服部という苗字を生かして麺者ってたぶん忍者との韻を踏んでいるのでしょうね。麺処とか麺屋じゃなくて麺者という表現も服部さんだけじゃないかなと。

 

何気に僕がこのお店にお邪魔するのはブログを書く前にも二回言っているので三度目です(^^♪

一度目は特製じゅーしーつけ麺を注文し、思いのほか苦みの効いた味わいで僕の口には合わなかったのですが、二回目に行ったときに食べた海老塩雲吞麺1150円という冒険心擽る一杯を食べた時は凄く美味しい一杯だなぁと感動したことのあるお店です。

 

個人的には塩ラーメンが美味しいお店として心のメモ帳に残してあるお気に入りのお店です。

しかし、今回はこれ「まるごとトマトと果実添えグリーンペッパーラーブのジュレじゅーしー」という冒険心にガツンと来る一杯を誕生させたご様子! これは食べねば♪

f:id:kumasi:20160814093228j:plain

で、ラーメンのお味の方は…。サッパリしていて面白い味わいだけどトマトの存在感がかつてない規模の一杯! いや、水道橋にも太陽のトマトラーメンというトマト好きーが訪れるお店がありますが、服部さんのこの一杯の方がインパクトは上かなと。

f:id:kumasi:20160814213807j:plain

もっと寄って来いよ(´◉◞౪◟◉)」とトマトさんが語りかけて来るので、もっと寄ってパシャリ。 丁寧に皮むきされ、へたも取り除かれているため丸かじりできるスタイル! 他にも個性あふれる具材に囲まれているというのに日常に居るはずのトマトが見劣りするどころか溢れんばかりの自己主張。イメージ写真よりもトマトさん強そう。

 

他にもアボガドやマンゴーも入ってますし、挽肉とグリーンペッパーもすごいアクセントになっていますね。

ジュレも麺との絡みが良くて具が無くてもさっぱりしていて美味しいかもしれません。

そのうえ、レモンなどあり、これでもかというサッパリ感を演出します。

 

こちらも好みがすごく分かれる可能性のある一杯だと思いますが、僕のように記憶に残る一杯を探している者からしたらかなり評価は高くせざるを得ませんね(;^_^A

よくある創作料理対決の審査員になったかのような気持ちにさせてくれるので、疑似的に漫画やドラマの中に入ることができたような嬉しさを感じさせてくれる一杯でした♪

f:id:kumasi:20160814214647j:plain

 

美味しいには美味しいけど、美味しさ以上の付加価値がある一杯に出会えた夏。

子供は残しちゃうかもしれないけど、(グリーンペッパーがちょっと辛かったり、お肉より野菜や果物の方が多いという点が)この夏の思い出の一ページに良ければぜひ☆彡

 

今度立ち寄る機会があればまた塩ラーメンいただきます。ごちそうさまでした☆彡