読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩して本読んでラーメンで幸せ

散歩したり本を読んだりしてラーメンを食べて幸せになった時のことを日記にしてます。

ラーメンガッツ チキンライス 練馬駅

f:id:kumasi:20170410025008j:plain

練馬でっす(^◇^)b 最近は結構実力派と言われるお店や独自の工夫を磨いたお店など色々増えている素敵な街です。

豊島園にも歩いて行けますし、(電車の方が超オススメ)ボクシングジムもありますし、飲み屋も多いですしなかなか賑やかなところですね。

そんな喧噪からちょいと離れたところでポツンと営業している一匹の雄(おす)が父親とともに月に一回か二回は食べに行くお店がこちら「ガッツ」さんです。

 

超実力派の画力がぶっ飛んだダークファンタジーであるベルセルクという作品の主人公と同じ名前の屋号ですが、どちらかというと石松さんっぽい親しみやすいお店ですね♪

f:id:kumasi:20170410025023j:plain

外観はこのように渋みの効いた赤ちょうちんが煌々としているため、ちょっぴり呑兵衛さんを引き付ける魔力を感じますが、メニューが豊富で結構迷いますね。

ちなみにラーメンは醤油・塩・味噌の三種類を常備している器用なお店ですが、個人的には圧倒的に醤油ラーメンが美味しいです! あくまでも個人的にですけどね!塩ラーメンはあまり好みじゃなかったですし、味噌ラーメンは美味しいには美味しいけれど、醤油には及ばないかなと思っています。

 

なので、今回はチキンライスをいただくことにしました!(前置きの意味なし)

いつもはガッツさんにお邪魔した時は7割以上の確立で注文するのは角煮セットというラーメンと豚の角煮とライスにミニサラダが付くという大盤振る舞いで860円という良心的なメニューばかり頼みますが、無性にチキンライスが食べたい時ってありますよね? 今回はそんな気分でした(*'ω'*)b

f:id:kumasi:20170410025038j:plain

やってきたのはこちら! う~む。日本橋たいめいけんのような洋の世界観とは違い、まるでムキムキの修行僧のような盛りの良さとスタイル…! 堪りませぬ!

 

で、チキンライスのお味は…。美味いっす! 最早盛り付けの技術や上品さ以上にシンプルな美味しさと親しみやすいお味はプロが作る家庭のお味です。

オムレツではないのだから玉子がこんなにかかっているだけでもありがたいことです。

ケチャップも良い感じで味のアクセントになりますし、こちらのチキンライスはライスの部分が炒飯見たいになってます。

そしてたっぷりの熱々の鶏肉が入っていてボリュームもありますし、一枚目の画像にある炒飯スープの量も凄く多くて男性受けする一皿になっていますね。

 

最近はこういう味を提供してくれるお店ってすごく減っているように思えるので、こんなノスタルジーな気持ちを思い起こさせてくれるお店はずっと続いて欲しいと切に思います。

f:id:kumasi:20170410025045j:plain

ちなみに食べログだと3.02というかなり低めの評価ですが、僕の中では数値では置き換えられない味わいです! あと、駅から離れていた李、ネット上の評価もたぶん気にせずに常に良心的なボリュームと味わいでお客さんを大切にしてくれているお店なのでこれからも毎月通わせていただきます( ^)o(^ )b ごちそうさまでした☆彡