散歩して本読んでラーメンで幸せ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩して本読んでラーメンで幸せ

散歩したり本を読んだりしてラーメンを食べて幸せになった時のことを日記にしてます。

最悪の中華そば比内地鶏油そば春日亭 鶏豚油そば 錦糸町駅

 

f:id:kumasi:20160706022813j:plain

いきなり日記のタイトルからして頑張って営業されているお店への熱い風評被害チックなタイトルではありますが、お店の看板にそう書いてあったのです(゚Д゚;)

まぁ、お店の屋号に「最悪」と入れてしまう発想はアグレッシブ過ぎる気がしますが、僕のような看板や屋号も味の一つ! という価値観の雄にはぐっ! と来るものがあります。

だって気になりますもの!

本当はこの日は錦糸町にオープンして間もなかったのに食べログでも錦糸町の1番を獲得した鯛のラーメンのお店に行こうと思っていたのですが、材料切れのためしょんぼり錦糸町駅へとトボトボ歩いていたら、とても変わった屋号のお店が…!

f:id:kumasi:20160706022858j:plain

最悪をアピールって何が売りなのか一切わからないけど、どうしても気になるので入ってみることに。

辛いのかな? とも考えましたけど、油そばが一押しなのでラーメンではなく油そばを注文してみました。

食券を買い、店員さんにお願いすると大盛も無料とのことでしたが、並盛でお願いしたら、店員さんが「大盛の方が良いですよ」とお店にとって得でもないお客様の視点での言葉をかけてくれたので、最悪どころかめちゃくちゃ接客も感じ良い! と感じました。

 

で、ラーメンのお味は…。なかなかのジャンクな味わいながら、ちょっと病みつきになってしまいそうな味付け。卓上にマヨネーズやお酢などもあり、大盛にした際は色々と味変ができて飽きないで食べられそうです。

麺は北海道の小麦粉で作られた油そば用の特注のオリジナル麺とのこと。言われてみれば美味しかったような…。

あとチャーシューも炙られていて香ばしさもあるタイプだったので、チャーシューはトッピングすれば良かったです。

そして鶏ガラや豚骨をじっくり二日煮込んで作られたタレスープなど能書きに書かれた内容を読みながら食べると更に美味しいですね。

食べ終わってみて思ったことは、とりあえず看板にあった「最悪」とはどこを指すのかが分かりませんでしたが、味も接客も数あるラーメン店と比較しても「最高」に近づくための努力が目に見える接客や美味しさでしたからにんともかんとも。

 

強いて言うなら、今回食べる前に撮った写真が実物よりも不味そうに撮れてしまったことくらいかと(^-^;

あと、食べログでお店の外観を調べると、以前は「昔ながらの」中華そばという看板でした。

理由は分からないけど、好奇心を刺激する看板により、また一つ再訪したくなるお店にであってしまいました。 ごちそうさまです( ^)o(^ )