読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩して本読んでラーメンで幸せ

散歩したり本を読んだりしてラーメンを食べて幸せになった時のことを日記にしてます。

旨み鶏だし特製・塩と欲張り満腹セット 花のれん 茗荷谷

ラーメン

f:id:kumasi:20170323233540j:plain

僕がこの日記を書き始めた当初に一番好きなラーメン屋さんとして「花のれん」さんを一度ご紹介しましたが、やはり何度食べに行っても居心地と美味しさでは揺るぎない素敵なお店です♪

以前紹介させていただいたときは旨み鶏だし醤油でしたが、今回は塩味のご紹介です。

 

近隣に御茶ノ水大学があるので、もしも僕がどこでも大学に入学できるなら、頻繁に花のれんさんに通い詰められる御茶ノ水に入学したいのですが、偏差値という壁ですらスルメイカのように押しつぶされているのに、性別という超上的な壁があるのがにんともかんとも(;^_^A 

f:id:kumasi:20170323233559j:plain

とりあえず、注文をしてから待っている間にお店の能書きの書かれたミニブックを拝見させてもらいながらゆったり待ちます。

 

調理に関して分かりやすくて深い哲学を持ってお仕事をされているんですよね。

無添加・無化調にこだわる理由や五感を全て一杯に注ぎ込むという魅力的なクレドを掲げていますし、こういうことを丁寧に書かれていると待っている時間が楽しいです♪

f:id:kumasi:20170323233609j:plain

個人的にあらゆる凄腕のラーメン屋さんのチャーシューに比べても常に紙一重で上回る美味しさの秘訣が書かれているとです(`・ω・´) 僕は素材の良さとか全然分からないけれど、このお店のチャーシューは大好きです! やまと豚というお肉なんですね。

f:id:kumasi:20170323233619j:plain

まず最初にやってきたのは欲張りセット(温野菜とチャーシューご飯)の内の一つである温野菜がやってきました♪ 全体的に色白でいて大人しめな印象ですかね。

 

とりあえずカリフラワーをガブリ!熱っ! 口の中が焼けどしそうになるほどの熱量を秘めていたとは(゚Д゚;) 一口目は熱さで美味しさが分からなかったですが、添えられている特製ドレッシングをかけると、爽やかな酸味をまとった瑞々しい温野菜が凄く美味しいです(*´ω`*)b 少し喉が渇いていたけれど、野菜の水分で喉が潤うのを感じますし、野菜の甘味とドレッシングの旨みが素晴らしいです。

f:id:kumasi:20170323233644j:plain

温野菜も食べ終え、もう一度能書きを拝見。

スープのこだわりもワクワクさせてくれますね♪ 比内地鶏と青森シャモロック地鶏をメインにした香味野菜に蛤や浅蜊から抽出したスープとは…。

何気に今まで何回か来ていましたが、美味しさの由来を知らずにゴクゴク飲んでいたので、今回は有難味を感じつついただけそうです。

f:id:kumasi:20170324001810j:plain

そしてやってきた一杯がこちら。丁寧な配膳とともに僕の大好物がコトリ。

で、ラーメンのお味の方は…。スープを持ち帰りたくなる衝動が走る一杯! とにかくスープが優しくて美味しいのです。

個人的にはこのスープよりも紙一重で醤油スープの方が好きですが、本当に紙一重です! 最近の有名店の塩のスープは角の取れた優しいスープを飲ませてくれるお店が多くなってきましたが、このお店のスープはそれらよりもやはり紙一重で美味しく感じてしまいます。

歯切れの良い麺にスープは優しく絡み、メンマの代わりに竹の子が入っているという物珍しさと新鮮な美味しさに思わずニッコリです。

チャーシューは低温調理されたやまと豚のロースのしっとりモチモチの食感が気持ちまでモチモチになる幸福感。

バラ肉は程よく口の中でほぐれ、麺と食べると更に美味しいですね(^ω^)b

f:id:kumasi:20170323233707j:plain

そしてラーメンと同時に実は来ていたチャーシューご飯もお肉が多いです! 見た目以上にしっかりと味付けがされていて、ただでさえ美味しいお肉を更に美味しく提供してくれる工夫の鬼が作ったとしか思えぬ逸品。

 

サイドメニューの衝撃は今年は小岩の豚骨一燈さんで食べた一杯と近しいほどの感動でした。

たいていサイドメニューのご飯類はそこまで具沢山じゃないのでスープをライスにかけて食べるのが楽しみなのですが、こちらは具も豊富で味付けもしっかりしているので珍しくスープをかけずに美味しくいただきました( ^)o(^ )b

f:id:kumasi:20170323233730j:plain今は本当に美味しいラーメンを提供してくださるお店がとても多いお客さんの立場から見たらとても素敵な時代だと思います。

なので最近は美味しいラーメンが当たり前過ぎて有難味が薄れて来ちゃったなと思ったときにこのお店にお邪魔してます('ω') 近いうちに伯母さんを誘ってラーメン屋さんへ行こうと思っていますが、このお店に一緒に行こうかと思ってます♪

 

今回の花のれんさんはいつも読むのを楽しみにしている

madhu.hatenablog.com 

マドゥさんの記事を読み続けていたら急に書きたくなってしまいました。

料理にこだわりや哲学がある人をもしもお誘いするお店ならどこが良いかな? と迷った時の切り札が僕にとっては「花のれん」さんですが、あなたにとってお気に入りや切り札的なお店があったらぜひ教えてくださいね(^◇^)b ごちそうさまでした☆彡