散歩して本読んでラーメンで幸せ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩して本読んでラーメンで幸せ

散歩したり本を読んだりしてラーメンを食べて幸せになった時のことを日記にしてます。

世界が麺で満ちる時 名古屋コーチンと蟹出汁の黄金醤油ラーメン

f:id:kumasi:20170511224909j:plain

まだまだ過ぎ去りしゴールデンウィークを引きずる一匹の雄(おす)です(^O^)b

あの頃は良かった…なんて遠い昔ではなく、僕の場合は先日は良かった…。

とあまり時が過ぎていないのに回顧主義みたいにおセンチになってしまうのは更年期が僕のもとにもテクテクとやってきている兆しでしょうか?

 

あと、最近は競馬場も鉄火場と呼ばれる博打打ちが目を血走らせながら我が怒声の雄叫びよ土星まで届かん! と言わんばかりの絶叫や興奮のるつぼというほどでは無いですよ♪

むしろ、女性大歓迎みたいなスタンスで擦り寄っていますし、若い男女で行こうよ\(^o^)/みたいなノリのコマーシャルもバンバン放映されていますよね。

f:id:kumasi:20170511225045j:plain

実際の競馬場はこんな雰囲気です。

これは僕の写真のスキルが赤ちゃんレベルであるというのが致命的であまり魅力的ではありませんが、この開放感は他の娯楽施設にはないと思えますね。

 

場外というサラブレッドが来ていなくて競馬が開催されていない時など、ガラガラの時間帯だとまるでお城のお姫様になったような錯覚を楽しむことができますし、入場料も無料になっていますから、お馬さんの居ない競馬場もオススメですよ(^^)

f:id:kumasi:20170511224954j:plain

そして今回食べた一杯がこちら。「名古屋コーチンと蟹出汁の黄金醤油ラーメン

名古屋コーチンだけでも唾液腺が震えるのに、蟹出汁まで!? 食べるしか無いっす!

それにお店の屋号もすごい個性的で「世界が麺で満ちる時」と来てますね。

個人的に僕にとってラーメンは若干スープの方にウェイトがある印象ですが、麺の方が主役のような印象を受けますが、スープへのこだわりも高そうです^_^

 

以前、歌舞伎町のラーメンイベントにも出店されていましたが、その時はお邪魔しなかったこともあり、以前から気になっていたお店なので東京競馬場のイベントブースにやってきてくれたことは素直に嬉しいですね♪ 数年前に比べたら、フード関係のイベントは豊かになったように思えます。

f:id:kumasi:20170511225122j:plain

やってきた一杯はこちら! 今回はお腹の都合もあり、トッピングは無しで注文しましたが、バランスのとれた素敵な盛り付けなので、変にトッピングをしないで良かったかもしれません。

 

で、ラーメンのお味は…。スープがとっても美味しいっす!(*´ω`*)b 名古屋コーチンのような香り高い旨味とまでは言えませんし、蟹の風味も弱いかなと思えますが、旨味の強さはすっごい一杯でした。

どちらかというと香りよりも味覚に訴えかけるような個性を感じました。

蟹も大量に使用した高級感のあるスープだと甲殻類特有の癖が強く、若干のエグミが魅力的かつ弱点にもなってしまいますが、この一杯は風味が弱いけれどエグミが無くて、とても飲みやすいのも特徴の一つかもしれません。

麺の方は細麺を期待していましたが、太めのすすり心地の良いタイプで、強い旨味のスープとの相性は高く、むしろ細麺ではミスマッチになっていた可能性も…。といろいろ食べながら考えちゃう楽しさ。

太麺でも喉越しも良くてパサつきもなく満足度は高いです。

 

最後にトッピングのチャーシューは多分今回のイベントでも最も薄いですが、味は素晴らしいですし、薄いが故に麺と一緒に食べるとチャーシューの旨味が太麺とマッチして美味しいですね♪ しかも薄いながらも三枚も標準装備なので、ちょっとした厚みの一枚よりも嬉しいなと思いました。

f:id:kumasi:20170511225135j:plain

スープだけじゃなく、屋号の通り麺も美味しかった良いお店(・∀・)b 

しかし、イメージ写真と実物のチャーシューの違いが大きいなと思い、お店を検索したら、店舗で提供されている画像を見ると、イメージ写真通りかそれ以上のお肉が提供されているみたいです。

これは本店にも行ってみたい! という気にもなりましたが、大阪にあるようなので、交通費だけで結構なハードルになりそうなので、大阪に行く機会があればぜひとも一度は本店の一杯をたべさせていただきたいですね(^O^)b ごちそうさまでした☆