散歩して本読んでラーメンで幸せ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散歩して本読んでラーメンで幸せ

散歩したり本を読んだりしてラーメンを食べて幸せになった時のことを日記にしてます。

幸楽苑 冷し担々麺 

f:id:kumasi:20160602231732j:plain

今日はまだ過ごしやすい一日でしたが、最近は暑さが着々と近づいてきているような気がします(^-^; そんな時はさっぱりして食べやす物が食べたくなるので、有名チェーン店の幸楽苑さんの冷し担々麺を食べてきました。

 

幸楽苑さんは基本駅のそばに出店というよりも大通りの沿線など車でのご来店のお客さんをターゲットにしているような感じで一人ではまず行かないのですが、父親スーパー銭湯の帰りなどに頻繁に寄ってます(*'ω'*)

接客も丁寧ですし、深夜料金も発生しない辺りはついつい何度も足を運んでしまうポイントです。それと季節ごとに期間限定のメニューが出現し、結構な割合でレギュラーメニューよりも美味しいので、それを楽しみにしていたりもします。

 

で、ラーメンの味ですが、ゴマ風味のタレと挽肉のピリ辛感がすごく満足感の高い美味しさです。一般的な醤油にお酢の酸味や清涼感のある具材に囲まれたタイプも大好きですが、幸楽苑さんに関してはゴマ風味の方が個人的に美味しく思えてしまいます。

冷し担々麺は清涼感こそ普通の冷やし中華には及びませんが、この一杯の食べごたえと満足感。具材と合わさったときの美味しさや飽きのこない味付けなど、途中で肉味噌で味の濃さを自分の好みで調整できる楽しさが一番の魅力です。

あと、餃子との相性もとてもいいです♪ 酢醤油で食べるのも良いのですが、ゴマだれや肉味噌をつけて食べる餃子もなかなか病みつきになってしまいます。

 

よく幸楽苑さんと日高屋さんとで比較されることがあるのですが、ラーメン類に関しては幸楽苑さんを利用して、定食が食べたい時は日高屋さんを利用しています。あと日高屋さんはアルコール類にべらぼうに強いので僕はその強みを享受することができないので若干幸楽苑さんよりの立場になっちゃいますね(^-^;

でも日高屋さんは幸楽苑さん以上に近所にあるので週に一回は通ってしまうし、結局甲乙つけがたいのですが、冷やし中華に関しては冷し担々麺が大好きです♪ 

お酒に興味の薄いドライバーの方でしたらぜひ(^ω^)